外付けhddで不具合を起こし場合の対処|大事なデータを保護

IT
このエントリーをはてなブックマークに追加

原因の特定と適切な対処

磁気ディスク

インターネット回線が全国各地で普及したことによって、多くの企業でパソコンという電子機器が業務に活用されるようになりました。パソコンを使用すれば会議で使用する資料作成やクライアントに提出する請求書、自社で勤務している社員の情報管理など様々な業務を円滑化させることができます。ですが、法人向けのパソコンというのは大量導入を前提にして製造がされているので、hddの上限容量が少ない場合があるのです。そのような理由から仕事でパソコンを使用する際に外付けのhddをケーブルで接続して使用することがあります。外付けのhddは内蔵型とは異なり、パソコンの空いているポートにケーブルを接続するだけで簡単にデータ容量を拡張できるので多くに企業で使用されています。
外付けhddは便利なパソコン周辺機器ですが、内蔵型のパーツ同様に磁気ディスクでデータの上書きと保存を実施しているので定期的なバックアップが必要です。長い間外付けhddを業務で使用していると内部から異音が聞こえてきたり、異臭がしたりする場合があります。このような不具合が見受けられる場合は速やかに使用をやめて、修理を専門としている外部業者に依頼をするのが最適なのです。不具合を無理に社内で解決しようとすると更に事態を悪化させて重要なデータを消失させてしまうリスクがあるからです。発生するエラーによって画面に表示されるエラーコードにも種類があるので、慌てず他の業務用パソコンでエラーの種類を特定してから業者に連絡を入れるのも良い方法です。

ファイルを送る際の注意点

ファイルとパソコン

アップローダーやメールなどの通信サービスを活用して社外へファイル送信を実施する際はいくつかの注意点があります。この注意点を遵守していれば重要な情報の漏洩を防ぐことができるので、社内で共有することが大切です。

Read More

データ消失のリスク回避

パソコンを操作する人

仕事をしているとパソコンで作成した大容量のファイルを社外に送る場面があります。そのような場合はディスクメディアを使用することもありますが、データ消失などのリスクも考えられるので、安全性を重視するのであればデータ送信サービスが最適です。

Read More

ネットで動作するツール

メール

仕事で不特定多数のクライアントや社内のメンバーとメールでやり取りをする場面があります。このような場合はメールアドレスの管理を円滑に進めるためにもウェブメールを活用するのが効果的だといえます。

Read More