外付けhddで不具合を起こし場合の対処|大事なデータを保護

IT
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイルを送る際の注意点

ファイルとパソコン

高度情報化社会の時代となり、多くの企業でパソコンという電子機器が有効活用されるようになりました。パソコンをインターネット環境に接続すれば社内ネットワークだけでなく、社外のクライアントや取引先に仕事で使うファイル送信を実施することができます。見積書や決算書、請求書などの容量が小さいファイルは上記の方法を活用するのも良いですが、再生時間が長いファイルや大量の画像ファイルをメールでファイル送信するのはあまり適切とはいえません。このような場合は外部のファイルアップローダーを経由してファイル送信をするのが良い方法なのです。ファイルアップローダーのサービスは一昔前まで、有料のものが多かったのですが最近ではアカウント登録を行なうことで無料利用できるサービスも登場してきたのです。
企業内部のコストを少しでも削減したいと考える場合は無料のサービスを活用してファイル送信を行なうのが良いでしょう。また、このようなサービスを活用してファイル送信を実施する場合はファイルを1個ずつ個別で送るのではなく1つのフォルダにまとめて圧縮してから送るのが一般的です。そうすれば何度も送受信する手間が省けてお互いの業務時間を圧縮することができるからです。圧縮すれば容量も多少小さくなるので、通信容量の削減にも繋げることができます。万が一の自体に備えて圧縮ファイルに解凍パスワードを設定するのも忘れないようにしましょう。パスワードを別途で送信すれば送信ファイルがハッキングされても、情報漏洩が防げるのです。