外付けhddで不具合を起こし場合の対処|大事なデータを保護

IT
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで動作するツール

メール

メールという連絡ツールは携帯電話が普及する前から、多くの企業で活用されてきました。ソーシャルネットワーキングサービスやオンラインチャットサービスが充実した現在でも、企業同士の重要なやり取りはログを残すためにメールが使用されるケースが多いのです。硬派な企業では、上記のような新しいサービスを使用せずに社内の連絡手段でもメールを使用し続けているケースがよくあります。メールアドレスさえ把握できればすぐに情報発信ができるメールですが、送信先を誤って設定してしまうと情報漏洩などに繋がってしまるリスクを持っています。特に大人数の相手とメールのやり取りをするビジネスマンは注意が必要だといえるでしょう。
ですが、ウェブメールという新しいサービスを使えば上記のようなリスクを低減させることが可能です。ウェブメールはインターネット上で動作するシステムなので、新規の連絡先追加も従来のメーラーソフトより簡単に実施することができます。また、ネット環境に接続していれば時間や場所を問わずどのパソコンからでもメール送信ができるので、自分の使用している業務用パソコンが壊れてしまった場合でもすぐに新しいパソコンでメールを送ることができるのです。これはウェブメール自体がIDとパスワードを発行してオンライン上で全てのデータを管理できているからなのです。企業内部でウェブメールを使用する場合はセキュリティを考慮して2段階認証システムを有効にしておくと良いでしょう。これはログインの際に2重でパスワードを入力する仕組みなのです。